FC2ブログ

リオペードラ加賀代表ブログ

リオペードラ加賀代表八嶋将輝のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自立への第1歩

サッカーの試合に行くと、よく見かける光景があります。試合場でのチームの場所取り、飲み物も着替えも、何から何まで親が準備。子供はただ単に用意されたものを飲み、言われるままに着替えるだけです。いつも必ずそろっているから、「ありがとう」とさえ言わない選手もいます。
 お手伝いいただくのは大変ありがたいことです。でも多くは子供たち自身で十分にできること。あるいは、子供たち自身が、したほうがいい、する必要があるとわかることです。むしろ、子供なりに必要なことは自分で必要と思って、自分でやるということこそ大事。足りなかったり不便だったりしたら、自分で考えて、工夫したり相談したりで何とかする。そして次にはそうならないようにすることが大切です。
 私たちは、サッカーでは自立が大切であると考え、自立した選手を育成しようとしています。自立しているというのは、自分自身で判断して、責任をもって行動する、ということです。誰かに言われたから、ではなく、自分自身がやりたい、やったほうがいいと思うからやる。失敗も自分の判断によるもの。誰かのせいにはできません。
 また、何から何まで大人がそろえてくれる環境に子どもたちが「あって当然」と思うことは間違いです。用意してもらえない環境では何もできない、適応できない子どもになってしまうでしょう。何から何まで常に用意されている環境を与えることがマイナスとなることもあるのです。
 サッカーの合宿に集合したときに、スパイクシューズを忘れてきてしまった子がいました。その子に聞くと、いつも自分ではなく母親が用意をしているので自分のせいではない、とのこと。親が電話してきて、届けに来ると言います。「運動靴でやらせるからけっこうです。」とお断りしました。3日間の合宿で、その子はすべりやすくてやりにくそうにしてはいましたが、運動靴で最後まで練習をしました。その後、その子は決して忘れ物をしないようになりました。お母さんによると、それ以来、必ず自分自身で用意をするようになったということでした。(めざせベストサポーター一部抜粋)

サッカーの楽しさは、「自分で判断する」ところから生まれます。いい判断の出来る選手は、その分、多くの楽しさを味わえることができるはずです。
オフザピッチにおいてもいい判断が必要です。
今年度よりジュニアの子達にも、今までお父さんお母さんにしてもらっていたテントの設営から会場での荷物運び、試合前の必要なものの用意と自分達で行わせています。
最初はもたついていましたが今では子供たちで役割分担するなど観ていて頼もしい面も見られてきました。

サッカーの一番楽しい部分ー「判断すること」をコーチが「つまみ食い」しないように注意して、オンザピッチでもオフザピッチにおいても自分達で判断が出来るように僕達が導いてあげることでクリエイティブな(状況に応じたいい判断の出来る)選手が1人でも多く育つことを願っています。







スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 12:40:31|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

リオペードラ代表

Author:リオペードラ代表
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (271)
アウパ (19)
リオペードラ (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。