FC2ブログ

リオペードラ加賀代表ブログ

リオペードラ加賀代表八嶋将輝のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある練習会。

昨日あるトレーニングの見学に早起きしてスタッフ2人と行ってきました。

愕然としました。その内容に。

愕然としました。その指導に。

愕然としました。マニュアルのオンパレードに。

愕然としました。全てに。

個人的に。

といっても、一緒に行ったスタッフ2人もそう感じていました。

目を疑うとはこのこと。最悪だと。何が最悪だと感じたかはここには書きませんが。

本当に残念。

でも、現状、選手も保護者もそこにいくのがステータスになっているし、説明したところでなかなか理解して頂ける方は実際少ない。田舎になればなるほど。

そこに関わっている指導者もそこがてっぺん、答えだという感覚の方が多いと思う。

だからややこしい。

個性、創造性などが皆無の世界がそこにはありました。

与えられたメニュー、要求されたことこなしていく選手たち。

選手は相当ストレスたまってたんじゃないかな。

このシステム。まったくとは思わないけど選手の為になっていないと思うことがほとんど。

実際、Jの選手や、代表で活躍している選手でこのシステムの枠外から出てきている選手のほうが多い。

現在、世界で活躍している選手たちはほとんどそう。それが答えの一つ。

このままで日本のサッカー界は大丈夫なのだろうか。

あくまで田舎で活動している1クラブチームの指導者の感想です。

しかし、今お付き合いさせて頂いているチームの指導者の方々はほとんどの方々がそのような感想を持たれているのも事実であります。

昨日、わざわざ滋賀と奈良からアウパとリオを観に来て頂いたいつも良くして頂いている指導者の方々にもその話をしたところ、そうなんだとアツく語っておられました。

何も批判しているわけではなく、ただただ愕然としたということです。

それを、批判するとか変えようとかじゃなくて。今の様子では変わらないと思うし。

今日、ジュニア年代のある地区のトレーニング会場に足を運んだコーチからも、同じく愕然としたという報告がありました。

そこに関わる指導者、選手の表情等等。

選手も保護者もそんなことは何も知らないし、選ばれたくて必死。純粋にそう思ってる。選手は何も悪くない。

できることは、今リオに来てくれている選手の為に、我々が信じていることを、コツコツと積み重ねていくだけ。

各地域に同じ想いを共有するチーム、指導者と共に。

正解のあるもの(道)を選ぶのではなく、決めて選んだもの(道)を正解にする努力をする。

だから、やる価値があるし、そこにチャンスがある。

※好きな選手でもあり、尊敬する選手でもある中山選手が登場している「明日へ」↓
 



  1. 2011/05/21(土) 21:03:21|
  2. リオペードラ

プロフィール

リオペードラ代表

Author:リオペードラ代表
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (271)
アウパ (19)
リオペードラ (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。